★保育園目標・保育園像



 臼杵保育園の歴史

昭和初期、法音寺の住職が子どもの為、お寺の一部を開放して学問や人の道を楽しく教えていた道源寺子ども会という会がありました。
昭和24年終戦後の食糧難の時代に子ども達の福祉の為、また、明るい未来をと臼杵市より保育所設立の委託を受けました。
それにより住職が子ども達の幸せの為に、道源子ども会を改め、臼杵保育園を設立し、今日に至ります。

 保育目標

多くの体験を通じて豊かな感性を育て、創造性の芽生えを培いながら「心豊かに、たくましく、思いやりのある」子どもの育成に努めます。
人間形成の大切な時期であることを心に留め、家族と連携を取りながら保護者の方々の気持ちに寄り添えるような保育を保育士全員で進めていきます。


  1.心豊かに

  • 色々なことに興味を持ち、挑戦する
  • 豊かな感性と自信ををもって表現できる

  2.たくましく

  • 健康な体で友達と元気に遊べるこども 
  • 自分の事は自分でできる
  • 何でも一生懸命頑張る力
  • 自然に親しみ「いのち」を大切にする

  3.思いやりのある子

  • 思いやりがあり、素直な気持ちを持つ 
  • 身近な人に感謝の気持ちを持つ
  • 友達と共感し、協力する